初めての方のコンタクトの選び方!タイプ別に紹介します。

メガネからコンタクトに変えるきっかけは様々ですが、中にはおしゃれを楽しみたくてコンタクトに変えたい、という方も多いと思います。しかし、コンタクトにしようと思ったのはいいものの、種類が多すぎてわからないですよね。

今回は、初めての方に最適なソフトコンタクトの選び方と見るべきポイントを紹介します。

コンタクトはワンデー派?2ウィーク派?

コンタクトには、装用期間によって種類が分かれます。大きく分けるとワンデー、2ウィーク、マンスリーの3タイプですが、初心者なら、まずは装用期間の短いワンデーか2ウィークで慣れていきましょう。それでは、タイプ別におすすめのコンタクトを紹介します。

▼「コンタクトは毎日使わない」、「最初は毎日つけずに少しずつ慣らしていきたい」タイプ

こちらのタイプの方は、ワンデーがオススメです。ワンデーは、使ったその日に捨てるので、特別なケアは必要ありません。また、2ウィークの場合、開封してから14日間使えますが、毎日使わないのであれば、もったいないですよ。

▼「コンタクトを毎日使いたい」、「費用も気にしたい」タイプ

こちらのタイプの方は、2ウィークがオススメです。2ウィークのメリットはコストパフォーマンスの良さです。1箱の値段はあまり変わりませんが、1箱使い切るのに、30枚入りのワンデーなら1ヵ月、3枚入りの2ウィークなら3か月持ちます。毎日使うなら、圧倒的にコストパフォーマンスが良いです。しっかりとケアをすれば問題なく使えるので、安心ですよ。

レンズの特徴ごとの選び方

レンズには、それぞれ特徴が異なります。そのため、眼科と相談して、自分の目に合ったコンタクトを選びましょう。それでは、レンズを選ぶ際に注目したい特徴を紹介します。

▼含水率

water splash collection on blue background

含水率とは、レンズがどれだけの水分を含んでいるかを示した数値になります。水分を多く含むものを「高含水レンズ」、含む水分が少ないものを「低含水レンズ」と言います。

高含水は水を多く含むため柔らかく、つけ心地がよいのが特徴です。また、目に必要な酸素を通します。低含水レンズは、含む水分が少ないため、レンズから蒸発する水分が少なく、乾燥しにくいという特徴があります。

▼レンズの素材

レンズの素材は様々ありますが、特に近年注目を浴びているのが、「シリコーンハイドロゲル」という素材です。従来の素材よりもたくさん酸素を通ることができるレンズです。

レンズの注目すべき特徴をお伝えしましたが、これらのみでレンズの良し悪しを決めてしまうのはやめましょう。販売されているレンズは、それぞれの特徴を活かして、様々な技術や工夫が施されています。そのため、様々なレンズを比較して、自分に合ったものを見つけてくださいね。

例えば、コンタクトと併せてお化粧を楽しみたい女性の場合、お化粧汚れがつきにくいコンタクトを選びましょう。それが、クーパービジョンのバイオフィニティです。バイオフィニティに使われているレンズ素材は、化粧汚れを引き寄せにくく、クリアな視界が続きます。

バイオフィニティが気になった方は、こちらの通販サイトがオススメです。

バイオフィニティ

こちらはクーパービジョンのコンタクトを専門に扱う通販サイトです。セット販売やクーポンを配布しているので、お得に購入できますよ。他のメーカーの商品がない分シンプルでわかりやすいので、是非一度見てみてくださいね。